齋藤工務店

  • トップページ
  • 齋藤工務店のこだわり
  • 施工事例
  • オーダーフロー
  • 会社概要
  • お問い合わせ

CONTACT

齋藤工務店のこだわり

工務店とし技術の継承

齋藤工務店は効率よりも高い技術を継承し、守っていくことを第一に考えます。「技術者を大事にし、培ってきたノウハウを後世に受け継ぐ」というのは、先代から続いている大切な教え。効率を考えれば自社に職人を置かない工務店も増える中、マネのできない技術や簡単には得られない技となると自社の熟練した職人が大切。技術者一人一人が高いスキルを持ちながら、それをさらに継承していくことに重きを置き、永年にわたりご愛用いただける住宅作りを目標に、日々の建築に取り組んでおります。

気が付いたら難しい仕事が集まるようになっていました

弊社は工務店。施主さんや設計会社さんからの依頼を形にするのが仕事です。弊社実績には曲線が多い建物依頼が多くありますが、弊社が狙って建てたものではなく、気が付いたらそういった物件の取扱いが多くなっていました。曲線の施工は難しく熟練した技術者と技が必要とされます。他では難しい施工物件も齋藤ならできる。施主さんは元より、設計事務所さん、同業の工務店さんからも多くの相談を受けるようになっていたのです。これらも自社に技術者を置き長年にわたっての技術の継承と進歩を認めて頂いたからだと思っています。

高い技術に裏付ける施主様にとっては高価な建物

弊社が係る物件は高価な物件が多いです。非常に施主様のこだわりを感じる物件が多いです。非常にデリケートな仕事も多く神経も使いますが、逆にやりがいも頂き弊社の技術や技を駆使して触らせて頂いております。施主様のこだわりを弊社の技術と技で形にすることに弊社も最高のこだわりで応えたい、そう日々技術の向上をめざし努力し続けています。

高い技術力が可能にする、齋藤工務店の建築

伝統の木造工法と、近代RC構造の組み合わせ

日本の伝統でもある木造家屋ですが、近代建築技法のRC構造を併用することにより、さらなる強度の獲得に成功しました。
木造とRC構造の併用は耐震性にも優れ、見た目の優美さも兼ね備える1軒となります。

CADでは難しい、経験と勘の世界でこそ光る技術

CADは非常に高い設計ツールですが、あくまで平面での表現に過ぎません。
立体的な観点が必要な構造物の建築において、その技術力はいかんなく発揮され、一般的な工務店では難しい建築も可能となります。

職人が生む「美しい曲線」の世界

職人による手作業では、一般的に難しいとされるアール構造の建築をおこなうことができ、美しい曲線を持った建築物の建築を得意としています。
熟練された職人が、その経験と勘を最大限に活用することで、柱の1本、板の1枚にまでこだわった建築が可能です。
特にアールに代表される立体的なデザインでは、長年培ってきた技法を存分に発揮され、私たちがこだわ曲線を作り出すのです。

「社内に大工職人を抱える」ということ

工務店としては稀有な「社員として大工職人」を抱えるということ

私たちは、工務店としては珍しい部類の「社員として大工職人を抱える」体制で仕事をしています。
それは決して楽な選択ではありませんが、それでも私たちは、社内に職人を抱える道を選びました。
外部委託では実現不可能なメリットが、そこにはあったからです。

高い融通性を実現できる

社内に大工職人を抱えるメリットの1つに、「融通性の高さ」をあげることができます。
一般的な工務店であれば、棚1つ造るのにも見積もりを出し、新たに工賃が…となるところです。
しかし、私たちは、それらをすべて社内で完結できるため、高い融通性と工賃の削減に成功したのです。

メンバー同士の刺激による技術の向上

さらに、特定のメンバーを揃え続けることにより、一定の技術水準を維持することが可能になります。
社内のメンバー同士での切磋琢磨にもつながるため、その水準をさらなる高みへと昇華できるのです。